« 【日記】子猫・ファシズム・2ちゃんねる | トップページ | 【日記】Napsterと魂の在処 »

【映画評】花とアリス

Hana世の中の少女たちはいったい何を楽しげに話しているのだろうか。それは男である僕にはおよびもつかない未知の世界である。放課後の教室でイスを寄せて。また駅やバス停で小さな歓声を上げながら。両親の目を気につつ長電話で。休日に親友を招いてポテチをつまみながら。少女たちはひとときも休むことなくおしゃべりに興じている。仲のよい女の子が2人以上集まると、まるでそこだけ別の空間が生まれたかのようである。
普段の彼女たちの言動から察するに、それはきっとつまらない、ほんのささいなことであるに違いない。しかし僕には、彼女たちの間でささやかれる会話が、まるで世界の重大な秘密であるかのように思えていた時期がある。目の前の出来事はみんな誰かによって作られた嘘っぱちで、その秘密を知る女の子だけが、密かにこの世の真実を語りあっているのではないか――。
例えば、同級生の女子がひそひそと楽しげに談笑している場面に出くわしたとする。すると、彼女たちは急に話をやめてこちらを見、何事もなかったように声をかけてくるのである。さっきまでの会話を聞き出そうとしても、「なんでもないよ」と笑って絶対に教えようとはしない。
女の子はこの厳格な秘密主義を、幼少の頃から誰に教わるでもなく身につけていて、何も考えずに屋外を走り回っている男子の陰で、密かに別の世界を作り上げている。それは僕にとっていまだに不可解な、この世の秘密であることに変わりはない。

『花とアリス』はこのような秘密についての物語である。作品は冒頭、ハナ(鈴木杏)とアリス(蒼井優)のふたりの会話だけで進行していく。本当にたわいのない、それでいて魅力的な日常のおしゃべりの数々。やがてハナは先輩(郭智博)に恋をする。そして先輩に想いを寄せるあまり一計を案ずるのだ。先輩は記憶喪失で、自分(ハナ)と付き合っていたことを完全に忘れてしまっているのだと。ハナとアリスは先輩に嘘の記憶を教え込むことで、彼女たちと恋人同士であったという「偽りの世界」に先輩を誘い込む。まるで主体性のない先輩は、半信半疑ながらもふたりとデートを繰り返すようになる。ここのところは流石に現実味に欠けるが、しかし、少女たちの作った虚構の世界へと迷い込み、言われるがままにフラフラと彷徨する情けない先輩の姿は、僕にはむしろ懐かしさすら感じさせる。世界の秘密は少女たちのヒソヒソ話の中にあって、それを知らない僕は不安そうにあたりを見まわすばかり。嘘がバレしそうになるたびに、こそこそと口裏あわせをするハナとアリスは、まさに当時の僕が妄想していたとおり、この世界の隠された真実について語りあっている。

やがて「偽りの世界」は破綻し、ふたりはそれぞれ別の道を歩みだす。ハナは嫌われることを覚悟で先輩に全てを告白するが、アリスから先に真実を聞いていた先輩は、ハナを嫌うどころかあっさりをそれを受け入れるのだった。これはいわゆる「嘘から出たマコト」であるが、その一方でアリスはさらに大きな「嘘」に直面していた。先輩にあれほど巧妙に嘘をついていたアリスが、芸能界という「嘘の世界」にまったくついていけない。確かにふたりは小さな嘘で先輩を翻弄していたが、その外側には「社会」という、大人たちの作った巨大な嘘の世界が立ちはだかっていた。俳優オーディションで他の役者の演技に圧倒されるアリス。面接でも適当な志望動機すら言うことができない。嘘のプロフェッショナルたちの前で、彼女はあまりに無力だった。
そんなアリスが、カメラマンの前で初めて自己を主張できたのがバレエであったことには意味がある。この作品のバレエの練習シーンは、ほとんどが少女たちの賑やかなおしゃべりのシーンでもあるからだ。小鳥のさえずりのような彼女たちの談笑は、やがて、あの白眉ともいえる白光の下の可憐なダンスへと繋がっていたのである。こうしてアリスはモデルとして、大人の世界への第一歩を踏み出すのであった。

このような作品に出会うと、僕は自身の幼い頃の直感がそれほど間違っていなかったことを確信する。女の子のおしゃべりには、それがいかにたわいのないことのように思えても、やはり世界の秘密が宿っていたのである。その証拠に、アリスはいつの間にか虚飾に満ちた世界に立ち向かえる術を身につけていたではないか。ハナとアリスの秘密のおしゃべりが作り上げた、本当は存在しない恋愛の記憶。それはきっと世界中の女の子たちが交わす膨大で無意味な会話の中にもあって、少女たちはそれを栄養にしながら、短い時間で大人になっていくに違いないのだ。

だから僕は駅で、街で、電車の中で、女の子の賑やかなおしゃべりに聞き耳を立てる。そこに隠された世界の秘密、少女を大人に変える魔法の言葉を探るために。もう先輩のように、彼女たちの世界に迷いこめるような歳でもないのだけれど……。

|

« 【日記】子猫・ファシズム・2ちゃんねる | トップページ | 【日記】Napsterと魂の在処 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15695/12521728

この記事へのトラックバック一覧です: 【映画評】花とアリス:

« 【日記】子猫・ファシズム・2ちゃんねる | トップページ | 【日記】Napsterと魂の在処 »